頑固な冷えに悩んでいます

思春期の頃から酷い冷え性に悩んでいます。
冬には寝床を十分に暖めておかないと眠れないのは勿論のこと、夏でも常時手足は冷たいままで、特に足首に長時間冷房が当たったりしますと、だるくて冬とはまた違った意味で入眠がしづらい状態に陥ってしまいます。

このような理由から、年中靴下が必要な状態なので、おしゃれの幅もかなり狭まってしまいます。
また、年齢を重ねるごとに冷えと共に特に脚が浮腫むようになりました。浮腫みからセルライトが多くなり、またこれが冷えを助長するようで、少しでもこの状態を脱することが出来るようにと日常的にスポーツジムに通うなど、運動をすることも心がけてはいるのですが、激しい運動の後にシャワーを浴びる際にも脚に手を触れてみると冷たいままです。

今はまだ食生活の改善には手をつけていない状態です。冷えやむくみには良くないといわれる塩分を好んでいるのでいきなり減塩というのができるものかと少し怖い気もするのですが、もしかしたら食生活を変えることよって冷えの改善につながるかもしれないのでそろそろチャレンジしてみたいと思ってます。

家族との温度の感じ方の差

冷え症としての悩みがある私。
何が一番の悩みかと言えば感じる温度が家族と全然違うという事です。

我が家は夫に息子2という家族構成なのですが、男の人というのはどうしてあんなに暑がりなのだろうといつも思っています。
夏にはエアコンの温度を下げたがり、冬になるとヒーターの設定温度を限りなく低くするのです。

ようするに私からすれば同じ部屋にいると夏も冬も寒いだけな訳なのです。
この時期になると昼間は暑いのですが、夜になると風が吹いて肌寒くなるので窓を締めた途端に3人から「せっかく風が吹いて涼しいのに」と
大ブーイング。

車に乗っていても後部座席から「暑い暑い」と何度も言われてこちらは寒いのにエアコンをガンガンにきかせるハメに。
スーパーなどに行くと私だけは冷房に耐えきれず、上着なしでは買い物なんて寒くてとてもできなくなるのに3人は涼しくて気持ち良いらしく。

夏でこのような状態ですので冬になったらさらにひどくなり、外出時にはモコモコと着こんで着ぶくれ状態、もちろんカイロは必需品。
寝る時は電気毛布なしでは手足が冷え過ぎて眠れない有り様。
その姿を見て「暑過ぎ!」と言われ続けている私です。

そんな私なので冷え症でない人が心から羨ましいのです。

周囲との温度差を感じてしまう冷え性

私はもともと血圧が低くて上は80を超えた事がありません。
そのせいかとても冷え性で、夏でも熱いと思う事はほとんどないのです。

なので、とても困っているのは服装の事。
冬の間は思いっきり厚着ができますが、初夏の頃になると、みんな薄着になってくるので私の服装だけ妙に浮いてしまいます。
え、まだ冬服? という感じでジロジロ見られるので本当に恥ずかしいのです。

先日は、ついに息子に「一緒に歩かない」宣言されてしまいました。
息子といえば、今は小学校高学年になり別々に寝ていますが、幼い頃は外気の感じ方に差があり本当に困りました。
暗いの怖い、ひとりは怖い、というので一緒に寝ていましたが、私は今日は涼しいなと思っても息子は暑いという。

クーラーを28℃設定にして寝ようと思えば、いつの間にか26℃まで下げていて、寒い。
文句を言うと「本当はもっと下げたいけど、母さんのためにこれで我慢してる」と言われると何も言い返せませんでした。
冷え性って、周囲の人との温度差をすごく感じる嫌なものですね。

冷え性で辛いのは真夏と真冬です

冷え性なので、真夏と真冬が本当に辛いです。
真冬の辛さとは寒さなので、冷え性ではない人でも共感してくれます。

しかし、厄介なのは真夏の冷え性の辛さです。
外を歩けばうだるような暑さでも、屋内はどこもかしこもひんやり冷えているものですが、この涼しさが冷え性を悩ませています。
クーラーの効いた室内や乗り物の中は、確かに真夏は涼しくて助かりますが長時間そこで過ごすことになると話は違ってきます。

そのため冷え性の人は、靴下の重ね履き、ストールや膝掛け、カーディガンを動員することになり、結果的に暑苦しい格好になってしまいます。
真夏の涼しげなおしゃれなんてできるわけもなく、人からは「ちょっと着過ぎじゃない?」と言われたりして苦痛です。

できれば夏は人並みに薄着しておしゃれを楽しみたいのですが、冷え性だったためにあきらめている状態です。
普通におしゃれを楽しめるような、寒くも暑くもない程よい季節が早く来るといいなあ…と冷え性は願っています。

夏でも冷え性だから辛い

冬場はもちろんですが夏場でも冷え性の人は辛いものです。

夏場でも寒いの?と疑問を持つ方がいると思いますが冷えるんです。
特にクーラーがきいているのでどこのお店に行っても足元が冷えて足が痛くなったりします。
だからと言って暑い方もいるわけで、クーラを消してなんて言えるわけもなく夏でも薄着はできない私です。

そして冷え性になるのは血行不良が多いと言われることが多いので血行をよくするために運動をするようにしています。
運動したあとは血行もよくなって冷え性も少しはマシになるのですが簡単には改善されません。

夜寝る時も最初はいいのですが朝方になると冷えてきてこむら返りになることもあります。何でこんなに冷え性なんでしょうって嫌になることもあります。

でも最近職場でアロマのことを教えてもらいました。冷え性の方にはアロマを何滴かお湯に入れてつかるといいみたいで実践しています。
いい匂いに癒されるし、体もポカポカになるのでとても気に入っています。
冷え性が少しでも改善できるようにこれからも続けていきたいと思っています。

冷え症だとあらゆる面に影響を及ぼす

幼い頃は、冷え症と言う言葉には無関係な日々を送ってきました。
ですが、専門学生になっ夏場に教室で冷房をガンガン浴びるようになってからは、少しずつですが冷え症の症状を呈するようになってしまいました。

元々、膝や腰が悪く、血液の流れが滞ってしまうタイプでした。
ですが、専門時代より前は定期的に体を動かしていたこともあり、そこまで血行不良にはならずに済んでいたのです。

ところが、冷房などで体をことごとく冷やしてしまった私は、今では末端冷え症になってしまいました。
ですので、冬場だけでなく夏の暑い時期でさえも足先が冷たくなり、感覚がないような気さえすることもあります。
また、困ったことに、肩凝り持ちでいつも肩がバキバキに凝って大変だったのに、冷え症になり血流が滞るようになって更に症状が悪化してしまったのです。
これには本当に悩み、なるべく肩を回して血液の流れを改善できるように対策をしています。

特に、冷え症の仲間入りを果たして一番悩んでいることは、以前よりも寝付きが悪くなったことです。
冷え症になるまでは寝付きは良く、布団に入ればうとうとし始め、眠れるものでした。
それなのに、末端冷え症のおかげで、つま先がとても冷たくなり、体が温まるまでとても時間を要するようになりました。
これが、冷え症の症状の中でも私が今一番悩まされていることです。
この悩みがあるので、寝不足気味な日も多々あり、体の疲れが翌日まで持ち越されてしまうのです。

以上のようなことがあるので、冷え症から脱出するためにも、何か策を講じたいと思っています。

冷え性な足

私の冷え性は足です。
年中冷たくて、冬になると感覚がなくなるほど。

私の彼氏も冬場に私が布団に入ってくると、絶対靴下履いて!って怒られます。
寝ている間に私の冷たい足に触れて何度もびっくりして起きたことがあるそうで、
夢に雪女が出てくるまで言われました。

私の場合ずっと不妊で、冷え性の人は不妊の人が多いと聞きました。
それが原因で妊娠できないのかも不安になってきました。

なんどか、ヒーターで温めたり、
常に体ほ冷やさないように気をつけていますが、私の足は冷たいまま。

葛根湯も何度も試したんですが全然温かくならないので私も心配になっています。
お湯につかっても、温かいなべ食べても、こたつに入っても私の足は温まりません。w

低血圧で、やせ型ですので足が冷たいのでしょうか?
血液の流れもよくするために常にマッサージなどしていますが、
会社に行くとまたすぐに冷えて、冷えすぎると足がつってきます。

チューブのしょうがを持ち歩いてみようかと思っています。

冷え性でゾンビのような顔色

「あー寒い」と言いながらトイレに行くときに鏡を見ると、鏡に映った自分の顔が土気色です。

「キャー、すごい顔色。ゾンビみたい」と頬に手を当てると、
手が冷たくて今度は「ヒヤー」と言いゾクッと体がするので慌ててトイレに駆け込みます。

「お漏らししなくて良かった」とつぶやきながら部屋に戻ると、足先が冷たくなり過ぎて感覚がありません。
ここまで体が冷えてしまうと、靴下を重ね履きしても効果はありません。

こんな状態になったしまった時の解決法を紹介します。

1.散歩に行く
30分ほど時間はある・雨も降っていない・夜でない、という条件が揃えば散歩に出かけます。
30分も足早に散歩をすれば血行が良くなって、真冬でも体がポカポカしてきます。

2.手浴をする
足浴は靴下やタイツを脱ぐのが面倒なので、お手軽な手浴をします。
大きめの洗面器かバケツにお湯を入れ、顆粒状の沐浴剤を溶かし、指先から肘までを入れて温めます。
手浴ならば、時間が無い時・雨の時・夜でもできます。

散歩や手浴をした後は血行が良くなり、土気色だった顔が人間らしい顔色になります。

私の冷え性対策

昨年の夏、我が家に赤ちゃんが生まれ、少し冷え性が治った気がします。
もともと冷え性があり、冬場は手足が冷たいことは常でした。
でも今年の冬はあまり寒いと感じることは少なくなった気がします。

理由をはなんだろうかと考えてみますと、根拠はないですが、
エアコンとサーキュレーターを暖房として朝から晩まで使っているのが大きい気がします。
今までは冬でも厚着して電気代節約、と頑張っていたのがいけなかったのかもしれません。

あと考えられるのが、間食と飲み物を飲む回数が増えたのも原因かもしれません。
間食によって消化しているときに体温はあがっていますし、
飲み物も温かい飲み物なので自然と体が温まっているんだと思います。
しかし、間食は太るのでやめなければいけませんが…

そんな時に出合ったのが置き換えダイエット。
最近は色んな雑誌や芸能人のブログなどで紹介されているので、
既に知っている人や実践している人も多いかもしれませんが、
私が置き換えダイエットで使用しているのが酵素ドリンク。

しかも、酵素ドリンクの中でも唯一お湯割りができる酵素ドリンク。
冷え性の私にとってはぴったりでした。

今年の冬は赤ちゃんのおかげで冷え性が幾分か和らぎましたが、寝るときは寒いので腹巻ははずせません。
腹巻をして寝るとおなかが冷えることなく朝方寒いということもありませんし、
ローヤルエンザミン酵素を寝る前にお湯割りで飲んで内臓を温めています。
これが私の冷え性対策です。

冷え性でしもやけに

私は冷え性でなんと大人になってしもやけになってしまいました。

最初はまさかしもやけとか思わなくて本当に足の先がかゆくてかゆくて
しかもそれを掻いてしまうと痛痒いので痛くて痛くて本当に困りました。
私はこれが病気だと思ってしまったくらいです。

でも自分の母からしれはしもやけと言われてそうかと思いました。
治す方法はとにかく代謝を良くする事です。

マッサージも大事なのですが、運動をして体を動かす方が一番効果があると思います。
それとビタミンEが必要になるのでビタミンEをサプリメントで補給してもいいかもしれません。

私はサプリメントアレルギーなので飲めないので、どうしているのかというと
ナッツ系を食べるとこれにもビタミンEが豊富に含まれているので冷え性改善方法になります。

しもやけほどつらい症状は本当にありません。
それに足が暖かくなるとそれもダメですごい勢いで足先が痒くなってしまい
その場にじっといる事は出来なくなっています。
なので今はマッサージに運動など冷え性改善に良い事は行っています。