顏のシワがはっきりしてくるのはだいたい38歳くらい?

色々な人を見て、個人的に実感してることですが、顏のシワがはっきりしてくるのはだいたい38歳くらいかなと思っています。

この年齢は、夜にぐっすり眠っても朝に疲れが残っていたりと衰えを実感する頃ですし、クマやほうれい線といった、老けて見えるサインが急に顏の中で存在を主張しはじめる気がするからです。

38歳以前だと、肌のコンディションが最低レベルになっていても、ケアを施せば次の日、元気になっていたと思うのですけど、38歳になった途端、肌がいい状態に戻るのに、少し時間がかかるようになり、ずっと疲れたままになっていることが増えてきたように感じています。

肌に対して、刺激や摩擦を与えるのはNGだということは重々承知の上なのですが、つい、力をぐっとこめてクレンジング剤や洗顔料を使ったり、おまけにクリームも、ぐぐっと力の加減なしに塗りたくったりしてしまいます。

メイク落としの際には、クレンジング剤が化粧汚れとじんわりなじむようにして、そっと指の腹の部分で汚れを落としてあげるのがベターでしょう。

とにかく、力を入れすぎないようにし、ソフトにまあるく円を描くようにする、と、まあ、それができれば理想的なのですが、ふと気づくと、お肌に触る手に力をこめてしまっています。

毎日仕事仕事で過ぎていき、気が付いてみるとアラサーになっていました。

そんなある日、鏡をのぞいて自分の肌の汚さにびっくりしてしまいました。

目の下の濃いクマに、数えきれないほどの細かいシワが映っていて、今の自分がどういう状態にあるのか突きつけられた気がしました。

この日から、私の心境に変化が生まれたのです。

どれ程疲れていようが、家に帰ったら面倒がって洗顔すらできないまま朝まで眠ってしまったりせず、するべきケアをちゃんとして、肌を守るためにできることをしよう、シワの予防に努め、保湿もちゃんとしようと決めました。

夏は誰でも肌を守ろうと努力していますが、意外と危ないのは秋から冬、それから季節の変わり目だと思っています。

こういった時期、肌の乾燥には大変警戒しています。

皮膚の薄い目の周りなど、鏡で良く見ると細かいシワがちりめん状になりますし、荒れて赤くなったりすることもあります。

こういう時期、スキンケアはお肌の生命線だと思っていますので特に念入りに行っているわけですが、ここ最近は、いつもの化粧水や乳液、クリームの三点セットの他に美容オイルも以前から興味があったので使うことにしました。

オイルも調べるとなかなか奥が深くて、追及すると楽しそうですが最近では特にココナッツがいい感じで、続けて使ってみています。

「肌のキメが細かい」などという「キメ」とはいったい何かということですが、肌を良く見ると細い溝になっている線がたくさん走っています。

この皮溝と呼ばれる線と、皮溝で囲まれた部分である皮丘によって、皮膚表面に作られた模様のことをいいます。

キメが整っている肌を見ると皮丘部分がそれぞれ水分を含んでふくらみ、形は同じような大きさに揃っています。

しかし、身体の外側にあり、バリアの役目をする表皮が乾燥しきった挙げ句に荒れてしまうと、皮丘はその形を乱し、キメは崩れてしまいます。

表皮が荒れたままだと、バリアとしての働きは弱まっていきますので、すぐ下にある真皮もダメージを受けてしまいます。

傷んだ真皮が肌をしっかり支えることができなくなり、こうしてシワが増えていきます。

肌はなるべく若いうちから手をかけてあげた方がいいのですが、肌のケアをほぼ放棄して、若いからまだ大丈夫、という風に考えている人はいないでしょうか?20代の肌にだって、普通にシワはできます。

シワが発生する、その主な原因は肌が受けてしまう、紫外線や乾燥などによる損傷なのですが、とりわけ、それらが日々積み重ねられていくというのが肌にとって大きな問題なのです。

なので、もしハリのある若くて健康的な肌をなるべく保ちたいと考えるなら、20代であっても、日々のスキンケアを行なうべきなのです。

ヨーグルトを食べると、乳酸菌はもちろん、ビタミンB、フルーツ酸などを摂取できます。

乳酸菌は腸内環境を整え、健康で潤いのあるお肌を作ります。

ビタミンBは全身の新陳代謝を高め、お肌の再生を助ける欠かせない栄養素です。

そして、フルーツ酸には皮膚の一番外側にある角質層をゆるめ、角質層がはがれるのを助ける役割を持っています。

このような栄養素を摂ることはシミやくすみのない健康なお肌にする効果を狙えます。

ヨーグルトはシミ対策や美白に有効な食べ物だといえます。

くすみが気になる原因としては、過剰な糖分のいたずらが考えられます。

お菓子など、甘いものをたくさん食べていると化粧や、その他のケアが完璧でも黄色いくすみや、シミが目立つことがあるのです。

コラーゲンと糖は結びつきやすく、その結果コラーゲンの働きが弱められているのではないでしょうか。

コラーゲンが糖に反応し、老化を招く物質に変わることをコラーゲンの糖化と考えましょう。

全身の老化を加速させないために、糖分の摂りすぎには注意してください。

一日2リットルの水分を欠かさないことが全身の健康を保ってくれるでしょう。

お肌のためにも、十分水を摂らなくてはなりません。

水分が不足するとお肌の血行も悪くなり、老廃物や有害物質がたまることでくすみやシミを引き起こしてしまいます。

さらに、肌の乾燥を引き起こし、くすみだけでなくシワやほうれい線も増えることになります。

常日頃から水分不足には気をつけてください。

美白成分に欠かせないものはたくさんありますが、シミに対して効くのがプラセンタです。

シミの原因のメラニンが新たにできることを抑制する効果があります。

また、身体に素晴らしい作用をする成長分子を含んでいて、細胞の入れ替わりが活発になり、不必要な角質とともにシミもとれやすくしてくれます。

潤いの代表コラーゲンの生成をアップする効き目もあって、美しい肌へと生まれ変わりやすくなるでしょう。

欲張りな女子にはもってこいでしょう。

顏のシワがはっきりしてくるのはだいたい38歳くらい? はコメントを受け付けていません。 コラム