頭皮が血行不良だと髪質の健康も損なわれる

血行不良を改善することは、健康的な髪質を得るためには欠かせません。

手軽な方法で血行を改善するのなら、運動がベストでしょう。

屋外でのスポーツを長時間やる必要もなく、ストレッチやヨガなどを毎日15分程度行うようにしていれば、血行を良くすることができます。

ストレッチは育毛効果以外にも、身体を適度に伸ばすので、肩こりや背中の重みが軽くなり、精神的にな安定も得られるので、いいこと尽くめです。

数ある育毛サロンの中には、悪徳な詐欺を行っているサロンもあるため、注意が必要です。

無論、こうした悪質な詐欺を行っているのは、一部のサロンだけです。

けれども、桁外れな金額を請求されたり、そもそも誰にでも効果があるような育毛治療は存在していないのに、絶対に発毛すると信じ込ませようとするなど、サロンや担当者の対応で心配に思う出来事があれば、サロンと契約を結ぶより先に国民生活センターなどに相談して意見を貰ってください。

育毛剤や食生活など、日々の生活の中で育毛を進めることも可能ですが、育毛治療の効果をより感じたいのならやはりクリニックを利用するのが良いでしょう。

投薬治療は効果が出るまで時間がかかるため、長期間そのクリニックのお世話になるでしょうし、植毛治療は投薬治療の数倍の治療費がかかります。

ですから、気になる育毛クリニックのカウンセリングを受け、安心して治療を任せられるクリニックを見付けておくことが重要になります。

育毛専門クリニックの多くがカウンセリング料金はかからないようになっています。

ある程度の期間、育毛治療を続けていると、成果を実感できる時がきます。

それを真っ先に感じることができるのは、おでこや生え際などに生えてくる産毛です。

もちろん、人それぞれですが、一般的に薬を使って治療している人の多くが、始めてから3ヶ月から半年程度経てば、産毛が生えているのが分かるようになるでしょう。

これを抜かず、健康的な髪の毛にすることで、育毛治療の効果をはっきりと感じることができるでしょう。

誰でも一度は、ワカメが髪に良いという話を聞いたことがあると思いますが、確かに、海藻は身体には良いもののこれといって発毛を促すような作用は認められていませんでした。

ですが、海藻類のヌルヌルに含まれるフコイダンという食物繊維の一種が毛髪を成長させる毛母細胞を活性化させるIGF-1の素になっていることが解明されたのです。

IGF-1はソマトメジンCとも呼ばれ、大豆製品や唐辛子を食べても増加します。

ゴマには豊富な栄養があり、ビタミンや亜鉛はもちろん、たんぱく質を含めた育毛に必要不可欠な栄養素をすべてカバーできます。

ゴマというと白ゴマや黒ゴマなどがありますが、リグナンというホルモンバランスを整える成分が含有している黒ゴマは、特におススメです。

ただ、栄養と同時に脂質も多く含んでいるものなので、食べ過ぎれば肥満などの別の症状に悩まされてしまうかもしれません。

育毛というより、薄毛や抜け毛を予防するというつもりで適量の摂取を心掛けてください。

ネットで検索してみると、育毛に関する商品やクリニックに通った人のレビューが載っているサイトが人気なようです。

口コミで書かれた内容は、検討を手助けすると思いますが、年齢や体質、症状の進行度の違いで適切な治療方法もそれぞれ異なるのが育毛ケアなのです。

むやみやたらに口コミを信じ込まず、気になる育毛グッズは自分で使うことや、無料カウンセリングを受けてみるようにしましょう。

皆さんご存知のように、血行不良は健康の大敵ですが、意外にも、頭皮も影響を受けます。

当然ですが血管は頭皮にもあって、この部分が血行不良になると髪の成長に必要不可欠な栄養素が運ばれなくなってしまうのです。

こうなると、髪は成長を止めて簡単に抜けてしまい、どんどん薄毛の症状が加速してしまいます。

薄毛に悩む人に血行不良の改善が優先されるのはこのためなのです。

頭皮マッサージや湯船で全身温まることなどで薄毛対策をしておくと良いでしょう。

髪に良いとされる栄養素は多くありますが、特にたんぱく質と亜鉛、ビタミンB群は、健やかな髪の成長のために重要な栄養素です。

たんぱく質の場合、これはアミノ酸で構成されているのですが、毛髪を構成するケラチンの素になっているのが、アミノ酸なのです。

なお、このケラチンが作りだされるためには、亜鉛が必要になります。

ビタミンB群は、髪の毛を発毛し成長させる毛母細胞を活性化するために必要な栄養素です。

これらが豊富な食物として、たんぱく質は大豆製品、亜鉛が豊富なのは牡蠣、ビタミンB群はレバーあるいは緑黄色野菜といった食品に含まれているので、積極的に摂取しましょう。

育毛に関心がある人はリーブ21の名前を聞いたことがあると思います。

近年、このクリニックがウーロン茶に薄毛の原因を抑制する作用があるというレポートを日本薬学会に提出しました。

どういうことかと言うと、ウーロン茶エキスの中の成分が、男性ホルモンをDHT(薄毛を促進するホルモン)に変化させる酵素の活性化を抑えることで、AGA(男性型脱毛症)対策に効果的だと発表したのです。

けれども、ただ単にウーロン茶を飲んでいれば育毛できるというわけではありません。

石田純一愛用のヘアケアをチェック⇒スカルプケアのランブットお試し

頭皮が血行不良だと髪質の健康も損なわれる はコメントを受け付けていません コラム