若い肌を維持するための努力はいつからでもしたい

年齢に合わせてシミが増えてしまうと、がっかりするものです。

新陳代謝に優れた若い人たちの肌を見ると、血色も良く、ピンッと張ってシミ一つなく、お化粧なんかもバッチリのっているのが妬ましいです。

少しでも若い肌を維持するための努力は今からでも遅くないと頑張って、シミがこれ以上増えないようにするつもりです。

シミといえば、主な原因としてあげられるのが紫外線や肌の老化ですので、日焼け対策とエイジングケアで肌の抗酸化を忘れずにやります。

ヨーグルトを食べることで、乳酸菌、ビタミンB、フルーツ酸などを摂ることができます。

乳酸菌は腸内で有害な物質の発生を抑え、お肌の健康を保つ働きがあります。

ビタミンBはお肌が生まれ変わるのに必要なエネルギー代謝を高める役目を担っています。

また、フルーツ酸は皮膚表面の角質層が緩んで、はがれていくようにする働きがあるのです。

このような栄養素を摂ることはシミやくすみを改善し、美白する効果を果たしています。

ですから、ヨーグルトはシミ対策のために、毎日食べたいものです。

シミを薄くし、美白するための化粧品は、多くのメーカーから発売されています。

シミがある方の場合、まず、自分のシミは何が原因なのかしっかり調べてください。

自分のシミに効き目がある化粧品を選ばないと、肌荒れや白斑の原因になってしまいます。

医師の診療を受け、薬やレーザーによる治療も考えられますが、日頃の生活の中で、シミの原因を作っていないかどうか考えることが美白への最短ルートだと断言できます。

肌のキメは、肌の美しさのバロメーターです。

これが整っていると美肌ですし、そうでなければ荒れていることがわかります。

ではこのキメとは何かというと、肌表面を網の目のように覆う皮溝という線と、皮溝に囲まれた小さい部分である皮丘が織り成す模様のことです。

キメが整っている肌を見ると皮丘の部分が均等な形に揃っているのがわかります。

でも、身体の表面を覆う表皮が水分を失い、乾燥しきって荒れてしまうと、皮丘は形を保てず、整然としたキメの並びは壊されます。

表皮が荒れて、バリアとしての機能がうまく働かないでいると、表皮が守るべき真皮も、ほどなく損傷を受けることになるのです。

真皮は肌の土台という働きがあり、真皮にまでダメージが及ぶと、土台としての力が弱まって肌を支えていられなくなり、肌表面にシワを生みます。

スキンケアは念入りに行う方なのですが、その最中にふと思いついたことがあります。

個人的には大発見だったのですが、それは肌の質が柔らかければしわもなかなかできにくいのではないでしょうか。

目の周りの細かいしわだとか、年々濃くなっていく気がするほうれい線はどうしようもないと思いつつ、悩みの種だったのですが、少し前から炭酸パックを始めてみて、なんとなく、肌がしっとり柔らかくなってきた頃から以前とても気になっていたしわも、気にならないくらいになっていました。

炭酸パックとしわの消失、関係あるのでしょうか。

気がつけばいつの間にかアラサーになり、日々の仕事をこなしていたある日の事、鏡をのぞいて自分の肌の汚さに大変驚いてしまいました。

鏡に映りこんだ目の下のクマ、はっきり増えているシワ、これらが今の私の生活を形にして見せられたように感じました。

この衝撃の日以降、私は心に誓いました。

どんなに疲れて帰ってきても今日はもういいや、と諦めたりせず、ケアをきちんと行って、肌のためにできることをして、シワを増やさない努力をしようと心に決めました。

肌にシミが増えてしまうと、もっと若いのに!と言いたくなるほど老けて見られてしまいますよね。

高齢になっていくにつれて、傷の治りも遅くなり、少しずつの日焼けが蓄積して残ってしまいますので、日焼けに対してさらに警戒しましょう。

キャップや日焼け止めなど、普段身に着けるもので直接の紫外線を避けるとともに、アセロラ、ピーマンなど、多くのビタミンCを含んでいる食物を、できるだけ摂るようにしましょう。

シミでお困りの女性にぴったりの飲み物は飲む美容液。

ローズヒップティーです。

レモンの何十個分ともいわれるビタミンCを含んでいて、体の内部からメラニンの生成を抑制する効果を実感でき、肌の再生に必要なコラーゲンを生成して紫外線のダメージから救ってくれて、クリアな肌を手に入れられます。

活性酸素の害からも守ってくれ、お肌の老化にストップをかけるのにも役立ちます。

お肌にはその人の年齢がよく出ていると思っています。

シミやシワが静かに降り積もって年齢を語ります。

目の下の部分などは特にシワも多くなるし、大きなクマも出ますので、年を経るに従い、この部分に悩む人も増えていくようです。

肌を健康的に見せてくれる張りやツヤが加齢を原因として消えていくと、つまりは肌がしぼんだということなので、その分シワが出てきます。

顏の部分だけみてみますが、どの部位のシワで悩む人が多いのかというと不機嫌そうに見える眉間にできた深いシワ、目の下や目尻の笑いジワ、これのおかげで一気に老けて見えるほうれい線などです。

たとえば、同じくらいの紫外線を浴びたとしても、その結果、肌にできてしまうシミは個人差があります。

一言で言えば、性質としてシミになりやすい肌があります。

具体的にお話ししますと、人が羨むような白くてきめの細かい肌のことです。

見分けるコツとしては、太陽の日差しで肌が焼けた時、黒く残らずに赤くなる人がそのタイプだといえます。

美しい肌はデリケートですから、注意が必要でしょう。

若い肌を維持するための努力はいつからでもしたい はコメントを受け付けていません。 コラム