極力歩く時は肩の位置を意識して歩くように

背筋が伸びていないと若々しく見えないですよね。

だから、ワタシは極力歩く時は肩の位置を意識して歩くように心掛けています。

自分は若いころ、姿勢が良くなくって、背中を丸めて出歩いていました。

そのことを人に言われたこともあります。

だけど、まだ若者だったので、あんまり注意する気にもなれませんでした。

加齢とともに、立ち姿がシャキッとしていないとおばさん感が強くなるし、膝などが痛む要因になってしまいます。

自分は前から、腰痛持ちなので、特に肩の位置などを正しくするよう心掛けています。

今は街を歩いていても、鏡やガラスなどがあると、ついつい歩く姿勢を見てしまいます。

頑張って美しい立ち姿にしようとすると、歩きにくく感じます。

この先も美しく歩けるように頑張らないといけません。

意識して姿勢矯正をしようとしないと、自然と猫背になっていて、腰痛症にもよくありません。

今の高齢者は背中が丸まってる人って少ないですよね。

立ち姿などが美しいと、いくつになっても若く見られるものです。

自分もシャンとした高齢者を目標にしています。

私が美容のために注意しているポイントは快便です。

家で食事がなかなかとれなかったり、野菜の摂取量が少ないとお通じが悪くなってしばらくすると肌にすぐに吹き出物ができるので食事内容に注意しています。

繊維質食材の「野菜」をつかった料理を欠かさずにひとつはこしらえます。

また、野菜サラダ等だけではなく一回で大量に口にできる加熱した野菜もよく口にします。

あとは善玉菌を増やす為に甘味のないヨーグルトを日課として口にしています。

しかし飲み会が多い時期はお野菜の飲み物にヨーグルトの飲み物を半分ずつ入れて朝の食事の際に摂っています。

ちょっと前まではベジタブルドリンクをこしらえていたんですが、ミキサーを毎回後片付けするのも厄介だったので簡単に済ませています。

あとお肌のカサカサ防止のため秋から春にかけては部屋の湿度に気を付けています。

部屋の潤い度が50%から60%の間になっているよう気を付けています。

その上、空気中の水分量が低下していると喉も痛くなるのでぬるま湯をのんだりしています。

湿度の低下により肌荒れして「シミ」「シワ」を招いてしまうので気を配っています。

自分が美容のために気をつけていることは、第一にお肌が荒れないようにする事ですね。

ニキビなんてできると綺麗になるまで外出しようと思いません。

幸いなことに、私の家族もお肌はキレイなのでその遺伝子を継いでいるからかわたくしの肌もきれいな方なのでさほど肌荒れを起こすような事も少ないのですが、、、まぁ、あれですね、している事は日焼止めのローションを年中塗っている事です。

私の知り合いも日焼け止めを一年中塗っているはずなんて考えていたら思いのほかしない人も多くいるし、中でも夏でも塗らないという人がいた事にびっくりしちゃいましたね。

夏は黒いのが良い!と自慢げに言っていたのです。

ご存知の方もいるかと思いますが、肌の衰えというのは加齢が3割、紫外線が7割みたいです。

最初に聞いた時はとても驚きました。

それから美肌に命を懸けている私は年中出かける時も家にいる時も日焼止めアイテムを塗るように気を付けています。

そのおかげなのかなんなのか、化粧品カウンターで化粧をしてもらう時に美容部員の人から、綺麗なお肌ですね!って言ってもらえるのです。

にっこりして「ありがとうございます」なんて答えています。

極力歩く時は肩の位置を意識して歩くように はコメントを受け付けていません。 コラム