家族に隠して債務整理をしようとすると

家族に隠して債務整理をしようとするとその方法次第で難易度には差があります。

任意整理に限っては自分で全手続きを行おうとしなければ大抵は家族にばれずに済むでしょう。

しかしながら、世帯収入や資産を公開する手続きが必要な個人再生や自己破産の場合は、知られずにいるのは厳しいでしょう。

債務整理を行う方法が何であっても、職場に対しては問題なく内緒にしておけます。

心が休まらない借金だらけの暮らしから自由になる術の一つに債務整理が考えられます。

任意整理、民事再生、自己破産の3つの手続きがあり、債務整理はこれら全てをひっくるめた呼び方です。

その上に過払い金請求も含んで債務整理と言うこともあります。

全て異なる手続きになっていますので、慎重に検討してから自分自身の場合に即した方法で、満足いく借金の債務整理を行いましょう。

債務整理をする方法の中で、債権者に返済を終えた借金のうち過剰に支払っていた利息を返還請求できる「過払い金返還請求」があります。

過払い金返還請求を行う時には、以前に借り入れをした金額が確認できるような取引履歴の書類があるといいでしょう。

今までの取引履歴を把握できれば、利息がいくらなら妥当なのかがわかるため、払う必要のなかった利息を返還請求することが認められます。

保証人がついた借金の場合は、債務整理の影響を保証人も受けることになります。

債務整理を行った方法によってその影響は変わり、任意整理や特定調停の場合には書類の記入をしてもらうことにはなるものの、保証人は請求を受けません。

しかしながら、個人再生や自己破産においては、債権者から保証人への直接の請求が可能となることから、請求された全額の支払いを保証人が代わりに行う必要が生じます。

申請したり手続きをしたりという段階になったら、可能な限り早く片をつけたいと思うのは債務整理を検討している方々に共通することだと思います。

しかしながら、借入金の免除ないし減額といった処置が認められるまではやはりある程度の時間が求められます。

選んだ債務整理の方法や、その道のプロ(司法書士や弁護士など)に任せるのか、自分自身で全ての手続きをこなすのかなどによりかかる時間には差があります。

普通、絶対に債務整理を行ったらブラックリスト入りは免れないとよく言われているものの、債務整理でも唯一ブラックにならない手段が存在し、それが過払い金請求です。

払い過ぎになっていた分の利息を返してもらうだけですから、それによって完済できたなら事故にはならないでしょうという話です。

しかし、過払い金があって金利を引き直しても変わらずに債務の残りがあれば、ブラック入りは避けられません。

多くの場合、債務整理が原因で国内外の旅行が制限されたり引っ越しが制限されたりということはありません。

新規にパスポートを取得するにも不都合となることはありません。

けれども、例外が唯一あります。

自己破産を申し立てた状況下ばかりは、裁判所がいつでも自分の居所をわかっているという状態にしておくことが必要で、裁判所の許可を得ないと転居や旅行は認められません。

裁判所で免責が認められた後ならば債務整理の他の方法と同じで、制約はありません。

借金の元がパチンコや競馬などギャンブルである時も債務整理はできます。

とは言え、可能なのは任意整理や個人再生といった支払総額は減るものの返済義務は依然としてある方法に限られます。

自己破産では抱えた借金全てをなかったことにできますが、借金の原因がギャンブルの場合は免責不許可事由に当たりますから、もし破産を裁判所に申し立てても免責のハードルは極めて高いでしょう。

借入がかさみ、返済はもう無理だという人がするべきなのが債務整理でしょう。

基本的には利息の減免や支払い計画の見直しといった便宜を図ってもらいたい債務者が債権者に対して交渉を持ちかける事を指して言います。

ですが、相手方はプロで慣れているので、一方の債務者は素人一人で折衝しなければならないとなると不可能に近いでしょう。

仲立ちを弁護士など専門家に依頼することが多いです。

自己破産、民事再生、任意整理は全て債務整理とは言うものの何がメリットか一つ一つ異なります。

第一に自己破産はあらゆる借金から逃れてゼロからスタートを切れます。

民事再生であれば住宅ローンを除く借金の元金を圧縮することができ、家などの資産については守ることができます。

最後に任意整理は債権者と交渉することで毎月の返済額が取り決められ、また借金の利率や借りていた期間次第では過払い金を取り戻せることがあります。

家族に隠して債務整理をしようとすると はコメントを受け付けていません コラム