夫の浮気が確定しても結婚生活を解消したくないのなら

妻又は夫が浮気していることが明らかになっても結婚生活を解消したくないのなら浮気相手との逢引現場に向かうのは避けましょう。

パートナーを裏切ったことがバレた途端に相手が逆ギレしてしまって、別れなければいけなくなってしまう可能性を否定できません。

加えて、浮気相手と話をしたことによって、精神的に追い詰められてしまうかもしれません。

車の目立たない場所にGPS端末を装着して、常時、移動の内容を監視し続け、現在地を把握したり、時間のある時に、データを取り出して行動を確認することができます。

普段、運転しないような人の場合は、カバンにGPS端末を隠しておく、という方法もあります。

これで相手がどこをどう移動して、そこにどのくらいいたのかもわかります。

相手に気づかれないで明らかに浮気していると第三者にも分かる証拠を得るには、技術や機材がちゃんとしている必要があります。

浮気現場の写真を撮ったとしても、露出不足で、誰が写っているか分からないようでは証拠にはできません。

浮気調査を探偵に依頼した場合は、薄型のカメラなども用いて相手が知らない間に鮮明に写真におさめることができます。

時間単位での尾行料金が設定されている場合、尾行時間が短い探偵の方が、安い料金で行うことができます。

よって、探偵に尾行依頼をするなら、日頃のパートナーの行動パターンを観察しておく必要があります。

その結果から、怪しいと思われる時間帯や曜日に絞って尾行をしてもらうと、探偵にも余計な手間をかけずに済み、お互いにとってメリットがあります。

もし、密会の曜日や時間がわかっているのでしたら、調べる時間が少なくて済むので、それだけ調査費用が節約できるわけです。

そうはいっても、浮気をしているときがわかっていたとしても、顔見知りにいって写真撮影をお願いすると、無駄足になることが多いでしょう。

勘づかれないように写真を撮りたいときはプロに任せるのが一番でしょう。

探偵に浮気の調査を要請して、しっかりとした確証が得られれば、配偶者と不倫相手から慰謝料を支払ってもらうこともできます。

不信感を抱いてしまった相手と一生共に生活することは相当な心の重荷になりますから、慰謝料をもらって離婚することもありかもしれません。

それと、原因となった不倫相手に慰謝料を請求したならば確実に別れさせることもできるはずです。

浮気の調査をするときには、調査員は何人で依頼すれば良いのかというと、調査の方法や時間などによって幅がありますが、まず調査員が1人で浮気であるかどうかを調査をすることがよくあります。

浮気が現実であると判明したら、再度相談をして調査員の数などの詳細を決めていきます。

レシートとかクレジットカードを見ると浮気のことがわかるものをつかむ事もあります。

いつもなら立ち寄らないようなコンビニの領収書をほぼ毎回見ることが多くなったら、その周辺に習慣的に行っている事になります。

その場所でずっと見ていると、運がよければ浮気の瞬間をとらえることが出来るかもしれません。

成功報酬の条件で浮気調査を探偵事務所に依頼したら損することは無いかと言いますと場合によってはそうでないこともあります。

条件が成功報酬であればもし調査が不成功の場合、報酬を払わずに済みますからお願いした側にとって得になるような感じを持ちます。

だから、成功報酬というシステムの探偵事務所のみを、求めているような人がいます。

自ら動くより、浮気調査は探偵に頼むという選択がベストです。

経験豊富な探偵に依頼したら、浮気の証拠をちゃんとつかめます。

自ら浮気調査をしてみても、配偶者が浮気をしているという事実はすぐに出てきます。

しかし、相手に問い詰めても浮気の事実を認めようとしなかったら、有利な条件での離婚はできないでしょう。

有利な条件の離婚には確実な証拠がどうしても要ります。

夫の浮気が確定しても結婚生活を解消したくないのなら はコメントを受け付けていません コラム