冷え性の悩み・様々な症状

自分が冷え性と自覚したのはいつからだろう。

学生の時から手足がいつも冷えていて、冷たい飲み物が嫌いで、冬になるといつもしもやけができていた。
生理痛もひどく、腰やお腹にカイロを入れても酷い痛みで保健室に行くこともあった。

その当時、鎮痛剤は悪いものだという根拠のない話を信じていたため、薬を飲まずにひたすら我慢した。

成人してからも生理痛は改善することなく、とにかく絞り込むように痛い。
さすがに鎮痛剤は飲むようになったが、結局、冷えから来ている痛みであり、相変わらず手足は冷えていて、靴下の2重履きは欠かせず、冷えすぎて胃が気持ち悪くなり吐き気を催すこともあった。

その冷えを直そうとこれまでいろんな症状と付き合い、いろんな処方を施してきた。
足湯、カイロ、お灸、冷え対策グッズも色々購入した。
下着も冷え対策をするため、綿やシルクの自然素材に変え、おしゃれな下着はどこへやら。

それでもなかなか改善しない冷え性。
まだまだこれからも冷え性との付き合いは続きそうです。

冷え性の悩み・様々な症状 はコメントを受け付けていません。 冷え性