債務整理から時間を置かなければ金融機関から融資を受けることはできない

もし債務整理を無事に終わらせることができたら、金融機関のローンや借入は、またできるようになるのでしょうか。

これについては、ある程度の時間を置かなければ金融機関から融資を受けることはできなくなります。

もし債務整理を行うと、金融事故歴アリとして5年以上はブラック状態になりますから、ブラック状態の間は、例えばETCカードを買うことも諦めるしかありません。

ご存知のように、債務整理後にはJICCやCICなどの信用情報機関に登録されます。

一般的に言う「ブラック」の対象ですから、長期間、各種ローンの審査に通過することができないでしょう。

債務整理の場合、信用情報機関からデータが消されるまで5年と言われています。

簡単な手続きでお金を融資してくれるキャッシングはとても便利なものですが、借り過ぎに注意してください。

安易に使い過ぎて借金が多額になったら、返済に追われ、日常生活を送るのも難しくなります。

こうして追いつめられてしまった際に行ってほしいのが、債務整理なのです。

ご自身の状況に応じて最適な債務整理の方法を採ることで、毎月の返済の借金の負担が軽減し、返済の負担から解放されます。

どれくらいまで借金がかさんだら、債務整理を行うべきかということは、一概には言えません。

借金の総額が数十万円といった場合は、別の場所でお金を用意立ててもらって、返済資金に充てることもできると思います。

でも、すでに借金があるので、お金の工面には相当苦労すると思います。

ともかく、借金の返済が苦しくなった時点で弁護士を訪ね、債務整理に踏み切った方が良いのかどうか、助言をもらうようにしましょう。

借金地獄に陥ってしまった人の一部には、うつ病を抱えてしまい、借金を借金で返すような負のスパイラルに陥ったという人も少なくありません。

就職できず返済資金が工面できなくなったり、生活が苦しくなって借金していたら支払いきれない程の膨大な借金になっていたとは、誰にも言いたくないことですから、一人で悩みを抱えてしまうという人が多いのもまた事実です。

こうした背景がある為に、うつの症状がもっと酷くなるといったケースもあるようです。

ブラック状態は避けられない債務整理ですが、任意整理であれば銀行のローンや住宅ローンも組める可能性が残ります。

返済の意思を示せる任意整理は、国が発行する官報にも掲載されません。

もし、借金の返済時に過払い金が出ていた場合、過払い金を請求できますし、そのお金で借金を払い終えることができるかもしれません。

この場合は、ブラックになるようなことはないでしょう。

節度ある使い方をしている場合、大変役に立つクレジットカードでも、ショッピングに利用し過ぎて毎月の返済日に追われ、日常生活を送るのも難しくなります。

こうした場合に行いたいのが債務整理です。

債務整理をすれば、増え過ぎた利息や元本を減らしたり、返済が可能な範囲に収めて可能な範囲で返済を続けることができます。

しかし、当然ながら債務整理をすればカードの利用ができなくなりますし、場合によっては、カードで買ったものがクレジット会社に引き上げられることも考えられます。

仮に、債務整理の中でも任意整理や個人再生を選んだのであれば、債権者に同意してもらわなければなりません。

任意整理のケースでは、対象となる債権者を選択し、それぞれに同意を得ながら任意整理を進めていきます。

けれども、裁判所を通していないので、交渉を拒否する債権者が出る場合もあります。

個人再生においては、すべての債権者を対象にしますが、半数以上の債権者の同意を得なければなりません。

任意整理で借金を清算したケースでは、債権者と和解交渉で減額された金額を返済していきます。

その際に臨時収入などで返済資金に余裕がでた場合、毎月の支払いのほかに繰り上げ返済を追加したり、一括で返済することもOKです。

この方法を行う場合、任意整理を行った時、弁護士などが間に入っていたのであれば、債権者に対する返済の問い合わせは、担当の弁護士などから行ってもらう方が良いでしょう。

車を処分を避けるのであれば、車のローンは継続して払い続けて、債務整理の方法を選ぶことによって、車を処分せずに済むかもしれません。

ですが、債務整理後も車の所有が続けられるかどうかは、債務者が仕事や生活でどれだけ車を使っているかで変わってくるでしょう。

仮に車を手放すことになっても、日常生活を送るのに支障がないようならば、車を所有する許可が下りませんから、前もって債務整理の専門家とよく話し合い、なぜ車を手放せないのかという点について説得するのも良いでしょう。

債務整理から時間を置かなければ金融機関から融資を受けることはできない はコメントを受け付けていません コラム