シーズンによって日焼け止めのアイテムを変えている

サンスクリーンに関してはオールシーズン使っているのですけど、夏だけ使うという人も多いと思います。

紫外線って、12月頃から2月頃までは弱いようですが、日焼けはしてしまうのです。

そして3月ごろから徐々に強くなり、梅雨の時期がいちばん強いみたいです。

そして天気の悪い日や家の中にいても、紫外線というのは窓ガラスを通ってしまうらしいので常に意識して日に焼けないように努力しています。

日焼けするのは一瞬ですが、シミとかしわができてしまってからのお肌のお手入れというのは本当に大変です。

あと日焼け止めアイテムも年間を通して同じものを使っているわけではなく、シーズンなど状況によって変えて使っています。

箱などに表示されている数字が大きいほどUVカット力が高いのですが、それだけにお肌にも負担になるのです。

日焼け止めアイテムには種類がたくさんあります。

顔だけや全身に使えるもの、また液体の物やクリームタイプ、粉になっているものもあるので、自分自身の身体に合う物を選んだらいいと思います。

今はスキンケアアイテムにも日焼け止め効果のあるものが多数売られていますが、しっかりと行うことで予防できると思います。

50歳をすぎてくると何となく顔の輪郭が心配になってきました。

すっとした一本の線のはずが、気付いたらフェイスラインは崩れ、どう見てもブルドッグ状態です。

そんな時六十代半ばの方で顎の線が美しい人と話す機会がありました。

いい機会だからとケア法をたずねると、化粧水や乳液をつけるときに「下から上」へリフトアップするように塗っているとのことでした。

そう言われて、いつも基礎化粧品を何も考えずにつけるのではなく、しっかりとフェイスリフトアップケアもしていく事が重要だとわかりました。

継続的にやっていく事が大切なんだと考え以来ワタシも心掛けて実行しています。

ケア方法としては化粧用の椿オイルにローズマリーやカモミールの精油を数滴ブレンドしてリフトアップしています。

以前「リンパマッサージ」の方法を教えてもらった事があるので、それに近い感じでやっています。

体の重さに変化がなくてもやり続けていると小顔になるような気がします。

ダイエットをしたと間違えられる事もあったくらいです。

疲れが溜っていたりすると面倒なこともありますが、怠けてしまうと直ぐに化粧ののりの悪さなどでわかります。

自分でできるエステを頑張っていきたいです。

わたくしが美容に関して行っているのは沢山笑うことです。

子どものころは1日を笑って過ごしていたと思うのですが、大きくなるにつれ笑わなくなってきたと思うのです。

取り立てて楽しいことが無かったとしても皆と過ごしているだけで楽しく笑えた事を思い出します。

笑うことが何で美容にいいかという理由は表情筋のトレーニングになるからです。

大きな口を開かなかったりそれ程笑う事がない生活だったりするとどうなってしまうのかというと、顔の筋肉が衰えるので頬などがたるんでしまうのです。

頬がたるむと見た感じの印象は年上に見られるようになります。

常に、意識的に積極的に笑うことによって、シワ予防になるし口角も上がっていきます。

芸人が出演しているテレビ番組や、コメディ番組などがあるときには撮っておいて後で見ています。

そして、終日笑う様な事がない日は、笑ったような顔を作るだけでもいいみたいなので試しにやってみて下さい。

以前は食べ物に気をつけなくても体重が変わらなかったのですが、三十代前半からは食べ過ぎてしまうと外見に影響するようになってしまいまいた。

けれどチョコやクッキーを食べない人生なんて考えられません。

そこでやせ我慢せず、かつ体重、体型に響かないように、スイーツは1日に一つの物をお昼ご飯前までに楽しむというようにしました。

摂取カロリーではなく、1品だけ食べていいことにしています。

なので、こんにゃくゼリーでも高カロリーのバウムクーヘンでも、同列なのです。

菓子類の場合は板チョコとかならまるまる一枚もいいことにしています。

それでも大袋入りは決め事として、二分の一とか四分の一とか考えて食べています。

正午までに口にしているので、おやつへの欲求も満たされてイライラせずに済みますし、何kcalまでとか決めていないので難しいこともなく、気軽に食べたいものを口にする事ができます。

しかも、筋トレなど意識的に行わなくても、日常の動きでキチンとカロリーを使っていけるので、太りにくくなりました。

それと夕方などにスイーツに飢え始めたら、甘さを感じるルボイスティーなどを代替品として、やりすごしています。

近ごろは美しくなる為にはインナーケアが肝心なんだなぁと思いはじめ体内に摂取するものに注意を払うように変わってきました。

ことに身体の体重の約60%といわれる水分そのものに注目して、飲料はミネラルウォーターを選択するようになりました。

ここだけの話今まではあま~い炭酸飲料などを愛飲していたけれど、美容について情報収集してみるとジュースにはとんでもない量のお砂糖が入っていると分かり驚きました。

美容面でも良くないうえに健康にもよくないと思ったのが清涼飲料水を飲用しなくなったきっかけです。

お店に訪れると意外にも多種多様のミネラル水が売っていて戸惑いました。

ネットでも評判の海洋深層水やアルカリイオン水も並んでいます。

自分はローコストでいきたいので国内産の安売り商品だけを狙ってゲットしてますが口に合わないってことはないです。

水を口にするようになり初めは物足りなさを感じたのですがだんだん順応してきて近頃はフツーに口にしています。

驚愕したのが久しぶりに少しだけジュースを飲んだのですがとても甘い味を感じてカラダが受け付けなくなっていました。

前は糖分の過剰摂取でカラダが変になっていたのでしょうね。

シーズンによって日焼け止めのアイテムを変えている はコメントを受け付けていません。 コラム